トップページ > 品質管理監査制度

品質管理監査制度

概  要

 全国統一品質管理監査制度は、生コンクリート業界からの要請に基づいて、平成9年度から実施しているものであり、全国会議と都道府県地区会議とから構成されています。全国会議は規程、基準等の原案を作成するための下部機構として小委員会を設置しています。現在、全国会議の議長は、東京工業大学名誉教授 長瀧 重義氏、副議長は、東京大学名誉教授 友澤 史紀氏です。
 監査は、2名の監査員が工場に立入り、島根大学、松江高専、国土交通省、島根県土木部、各市町、建設業協会の立会のもとに統一した基準に基づいて、「経営資源の確保状況」、「配合設計管理」、「製造工程管理」、「材料及び製品の品質適合性」などについて厳正に行われます。

 

島根県生コンクリート品質管理監査会議の構成

 島根県生コンクリート品質管理監査会議(議長: 高田 龍一 松江工業高等専門学校 環境・建設工学科 教授)は、全国会議と同様に産官学の専門技術者で構成され、中立性・公正性・透明性が確保されています。

議  長
高田 龍一
松江工業高等専門学校 環境・建設工学科 教授
副議長
丸田   誠
島根大学大学院 総合理工学研究科 教授
特別委員
藤原 宏志
国土交通省 松江国道事務所 副所長
力石 三男
島根県 土木部技術管理課 統括技術専門監
山本 幸治
松江市 財政部契約検査課建設工事監理室 室長
下谷 幸一
西日本高速道路(株)中国支社 事業調整部
技術計画課 課長代理
玉串   昭
(一社)島根県建設業協会 専務理事
吉岡 直樹
(一社)島根県建設業協会 土木委員会 委員
委  員
藤江   等
島根県生コンクリート工業組合 品質管理監査委員長
柳田 晃弘
島根県生コンクリート工業組合 技術委員長
本藤 忠弘
島根県生コンクリート工業組合 品質管理監査副委員長
梶家 満生
島根県生コンクリート工業組合 品質管理監査委員
佐野木 貴秀
島根県生コンクリート工業組合 品質管理監査委員
湯立 公司
島根県生コンクリート工業組合 品質管理監査委員
河田 直樹
島根県生コンクリート工業組合 品質管理監査委員

 

仕様書の規定

仕様書の規定

 

○適マークとは

 ○適マークとは、品質管理監査合格工場であることを示す全国共通の識別標で、「品質を確保する仕組みがあり、かつ品質が適合基準に適合している」と判定された工場に全国会議から交付されます。
○適マーク

 

全国統一品質管理監査制度の仕組み


全国統一品質管理監査制度の仕組み図

 

監査の実施


平成27年度
7月1日〜9月18日にかけて40工場の監査を行った。
平成26年度
7月1日〜9月3日にかけて42工場の監査を行った。

 

監査の状況

平成27年度 監査状況写真

書類検査
設備検査
書類検査
経営者の品質方針、技術力、環境保全、
品質管理データ類をチェック
設備検査
製造設備、検査・測定・試験装置、
排水処理等をチェック

製品検査
製品検査
材料の計量精度、スランプ及び空気量、塩化物含有量、
容積、コンクリート温度、圧縮強度をチェック

平成26年度 監査状況写真

書類検査
設備検査
書類検査
経営者の品質方針、技術力、環境保全、
品質管理データ類をチェック
設備検査
製造設備、検査・測定・試験装置、
排水処理等をチェック

製品検査
製品検査
材料の計量精度、スランプ及び空気量、塩化物含有量、
容積、コンクリート温度、圧縮強度をチェック

 

全国統一品質管理監査時に寄せられた意見と意見に対する回答

平成27年度

O-1) 意見等は特にありません。大変勉強になりました。ありがとうございました。
A-1) 引き続き、分かり易い監査に努めるとともに、生コンクリートの品質向上に向け品質管理を徹底して参りたいと思いますので、ご指導の程よろしくお願いいたします。

平成26年度

O-1) 先日の監査ではお世話になりました。監査の進行では細かい補足説明をして頂いたりと、大変分かりやすく進行して頂き助かりました。また今回の品質監査では特段の是正事項もなく、これも、チェックリスト等、毎年更新をかけられ、監査をされている成果であると思います。
また立会の機会がありましたら、次もよろしくお願いいたします。
A-1) 引き続き、分かり易い監査に努めるとともに、生コンクリートの品質管理を徹底して参りたいと思いますので、ご指導をお願いいたします。
O-2) 生コン品質管理監査に立会させていただいた際の意見・提案をさせていただきます。
@品質管理については、多項目にわたり非常によく管理されており、特に問題はないと思いましたが、今後のデータ管理活用について1件だけ提案させていただきます。
A発注者の立場から、安定供給に関する意見(提案)をさせていただきます。一部は監 査会場で発言させていただきました。
提案の趣旨をご理解・ご検討いただき、今後とも公共施設等の品質向上にご協力いた だきますよう、よろしくお願いします。
(1) 生コンクリートの品質管理について(意見)
@各種データの管理と品質向上に向けて
台帳、試験成績表の中に手書き(紙ベース)のものがありました。電子データ化によるデータ集計等により、偏差値等の管理を行うなどして更なる品質向上を図っていただきたい。
(2) 生コンクリートの安定供給のため(提案)
工場における生コンの品質管理が十分であっても、事故等の外的要因による遅延により、現場の品質・施工・工程管理に支障をきたす恐れがあります。監査項目の中に、運搬時間(B4501)の項目がありますが、運搬遅延の原因となりうる項目に関して評価項目の追加の検討を提案します。
@安全管理(場内)について〔工場内の安全確保〕
 (案1)アジテータトラック等の動線を区画線や矢印により表示し、一般車両や歩行者との分離を図り場内事故の防止を図る。
 (案2)出入り口の安全確保のために、視距の確保を図る、前面道路にダンプ出入り 口の表示、など一般交通との事故防止を図る。
A運転手の転落防止策について〔アジテータトラックのコンクリート投入口へのカバ ー設置時の安全対策〕
 (案1)高所作業用の専用足場(手すり付)の設備などの安全対策
 (案2)リスクを伴う作業に関する監視体制の確立・強化
     (例@操作室・事務室での作業  A運転手相互での確認
B危機管理(リスクマネージメント)について〔自然災害、停電、機器故障、インフル エンザなど様々なリスクへの対応〕
 (案1) 事業継続計画(企業BCP計画)の策定
 (案2) 組合員相互の連携・協力によるバックアップ体制の整備
A-2) (1)-@
 現在各工場で使用しているPCソフトは同一のものではないため(帳票の作成能力が異なる。)、手書きによる帳票もあると考えられます。集計を行うようなデータについては電子化を、また、電子機器の更新時には集計、分析が可能なPCソフトの導入を推奨するなど、試験データを電子化して処理し品質向上につながるよう指導します。
(2)
 生コンクリートは、購入者と協議して定めた運搬時間で運び、荷卸現場地点で品質を保証します。よって、現場到着が遅延し性状が満足しない場合は、戻りコンとして処分することになります。
なお、運搬にあたっては安全運転に心がけ事故による遅延や運搬の時間帯など交通事情を十分考慮し、遅延がないよう指導します。
(2)-@
 各工場により敷地条件が異なり統一的な対応は困難かもしれませんが、例示のあった案など、各工場に即した安全管理を指導していきます。
(2)-A
 アジテータトラックの運転業務については研修会を開催し、労働災害防止、品質保証、信頼確保など幅広い観点から指導しているところです。平成26年度も12 月4日に西部地区で、12月9日に東部地区で開催しました。高さ2m以上の作業は労働安全衛生法規則第519条で囲い、手すり、覆い等の設置義務付けられ、困難な場合は同条第2項で安全帯の使用が義務付けられていますが、諸法令を遵守し、社員の安全管理について今後も指導していきます。
(2)-B
 企業BCP計画については、上部団体である全国生コンクリート工業組合で検討されており、それを踏まえて対応したいと考えます。また、組合員相互においては、休日出荷に対応するため輪番体制の構築、島根県との防災協定に基づく出動体制の構築などをしています。今後、一層、組合員間の連携・協力を強化、推進し、様々なリスクへ対応したいと考えます。
O-3) 監査を午前か午後の3時間程度で終了するようにしてもらいたい。(10〜15時では1日を要するため)
前年度監査結果が良好であった工場は事前調査の結果もふまえ、チェックリスト項目の省略等が出来ないか。
良好な品質管理を行っている箇所と、そうでない箇所で監査チェックに差をつけてはどうか。
A-3) 監査時間の短縮化については過去たくさんのご意見を頂いており、いろいろ工夫しながら短縮化に努めておりますので、ご理解願います。
チェックリストは全国統一のものを使用していること、監査当日に各項目を確認することとなっており、省略はできません。ただ項目によっては「前年度A判定の場合は、変更箇所のみ調査」というように、短縮化を図っている項目もあります。
監査は各項目について判定基準に照らして判定し、良好でなければ減点となり、総減点数が当該工場の評価となります。良好か否かによって、監査自体のやり方をかえることはありません。
O-4) 多くのチェック項目があり、監査側、工場側ともに大変な作業であると感じ、災害があり受注が増加しているにも関わらず、工場側の準備は十分であり、質疑応答もきちんとなされていたと思います。
A-4) 生コンクリートの品質向上に向け、引き続き品質管理を徹底して参りたいと思いますので、ご指導の程よろしくお願いいたします。
O-5) 昨日、監査立会させていただきました。おつかれさまでした。
監査方法について1つ御提案させていただきます。「前年度A評価のもので、内容変更がない場合はA評価とする」等の取扱いがなされ、以前と比べずい分監査が効率よく進められていると感じています。さらに工夫をし、下記の方法を御検討されることはいかがでしょうか。
項目毎に社内規格等での文書化、明確化を求めておられ監査当日に確認されておられますが、例えば、既にチェックリストでは求められる頻度等記載してあるので、年度当初に各社より工組へ基準となる社内規格等を提出させ、チェックリストの内容が満たされているかどうか工組で確認され、工組で承認印の捺印のある社内規格等を使用する、いわゆる社内規格等の事前審査制度を取り入れられたらどうでしょうか。そうすると監査当日は、その承認を受けた社内規格等に基づく記録等があるかを確認されれば、さらに時間短縮がなされ、監査員の方や工場側の方、双方の御負担が軽減されるように考えます。全国的な取り組みで監査方法のマニュアルがあることは承知しておりますが、御提案させていただきます。(若しくは、社内規格等は前年度から変更された箇所のみについて、当日確認される方法でも効率よくできるのではないでしょうか。)
A-5) 社内規格は社外秘のため直接確認することはできませんが、意見のあった監査時間短縮の件については今後も検討します。
O-6) コンクリートについては、品質管理が充分に為されていると思います。管理資料については、写真で管理されているものが少ないと感じます。
A-6) 引き続き品質管理を徹底して参りたいと思います。また、管理資料の写真記録化の件につきましては、記録写真を残すよう指導していきます。

 

会議、説明会の報告

平成27年度 第2回島根県生コンクリート品質管理監査会議を開催

平成27年度 第2回島根県生コンクリート品質管理監査会議を開催 と き: 平成27年12月18日(金)
ところ: 松江市(サンラポー むらくも)
出席者: 議長 外13名、事務局3名
議 事
 1.平成27年度全国統一品質管理監査結果報告
   及び合格工場の審査について
 2.平成27年度優良表彰工場について
 3.立会者から寄せられた意見に対する回答
   について
 4.平成28年度全国統一品質管理監査の予定
 5.委員の選任について
 6.その他
について審議した。

平成27年度 第3回品質管理監査委員会を開催

平成27年度 第3回品質管理監査委員会を開催 と き: 平成27年12月10日(木)
ところ: 島根県生コンクリート工業組合(会議室)
出席者: 品監委員長、技術委員長 外7名
      事務局2名
議 事
 1.減点等のあった工場から提出された改善報告書
   について
 2.査察結果について
 3.「平成27年度 全国統一品質管理監査報告書
   (案)」について
 4.寄せられた意見に対する回答について
 5.優良表彰工場の推薦
 6.全生連提出用A、B、C調査票の確認
 7.平成28年度 全国統一品質管理監査の予定
 8.その他
について審議した。

平成27年度 第2回品質管理監査委員会を開催

平成27年度 第2回品質管理監査委員会を開催 と き: 平成27年10月23日(金)
ところ: 島根県生コンクリート工業組合(会議室)
出席者: 委員長、委員7名、事務局2名
議 事
 1.意見書の検討
 2.実地検査について
 3.優良表彰工場の検討
 4.前年度に合格証を交付した工場に対する
   査察の実施
 5.平成27年度「全国統一品質管理監査」
   結果の集計
 6.改善報告書の提出依頼
 7.平成27年度第2回島根県生コンクリート品質管理
   監査会議
 8.その他
について審議した。

平成27年度 品質管理監査説明会を開催

平成27年度 品質管理監査説明会を開催(1)
平成27年度 品質管理監査説明会を開催(2)
と き: 平成27年6月2日(火)
ところ: 島根県生コンクリート工業組合(第1研修室)
出席者: 委員長 外42名
議 事
 1.平成27年度 委員会等の体制
 2.平成27年度 全国統一品質管理監査説明会
   の報告
 3.平成27年度 第1回島根県生コンクリート
   品質管理監査会議の報告
 4.平成27年度 全国統一品質管理監査の
   実施について
 5.その他
について説明した。

平成27年度 第1回島根県生コンクリート品質管理監査会議を開催

平成27年度 第1回島根県生コンクリート品質管理監査会議を開催 と き: 平成27年5月20日(水)
ところ: 松江市(サンラポーむらくも)
出席者: 議長、副議長、委員13名、事務局3名
議 事
 1.平成26年度 中国地区品質管理監査会議
   連絡協議会の報告
 2.平成27年度 全国統一品質管理監査説明会
   の報告
 3.平成27年度 監査統括責任者、副監査統括
   責任者及び監査員選任並びに委嘱
 4.島根県生コンクリート品質管理監査会議規程の
   改定について
 5.平成27年度 全国統一品質管理監査の実施
   について
 6.その他
について審議した。

平成27年度 第1回品質管理監査委員会を開催

平成27年度 第1回品質管理監査委員会を開催 と き: 平成27年4月22日(水)
ところ: 島根県生コンクリート工業組合(会議室)
出席者: 委員長 外7名、事務局2名
議 事
 1.平成27年度委員会等の体制
 2.平成26年度 中国地区品質管理監査会議
   連絡協議会の報告
 3.平成27年度 全国統一品質管理監査説明会
   の報告
 4.島根県生コンクリート品質管理監査会議
   規程の改定
 5.平成27年度 全国統一品質管理監査の実施
 6.その他
について審議した。

平成26年度 第2回島根県生コンクリート品質管理監査会議を開催

平成26年度 第2回島根県生コンクリート品質管理監査会議を開催 と き: 平成26年12月19日(金) 15:30〜16:50
ところ: サンラポーむらくも
出席者: 議長、副議長、特別委員 5名、
      委員 7名、事務局 3名
議 題
 1.平成26年度全国統一品質管理監査結果報告
   及び合格工場の審査について
 2.平成26年度優良表彰工場について
 3.立会者から寄せられた意見に対する
   回答について
 4.平成27年度全国統一品質管理監査の予定
 5.全国生コンクリート品質管理監査会議規程の
   変更について
 6.その他
について審議した。

平成26年度 第3回品質管理監査委員会を開催

平成26年度 第3回品質管理監査委員会を開催 と き: 平成26年12月11日(木) 10:30〜14:00
ところ: 島根県生コンクリート工業組合 会議室
出席者: 技術委員長、監査統括責任者、委員 6名、
      事務局 2名
議 題
 1.相互確認書について
 2.減点のあった工場から提出された改善報告書
   について
 3.査察結果について
 4.平成26年度全国統一品質管理監査報告書(案)
   について
 5.寄せられた意見に対する回答について
 6.優良表彰工場の推薦
 7.A、B、C調査表の確認
 8.平成27年度全国統一品質管理監査の予定
 9.その他
について審議した。

平成26年度 第2回品質管理監査委員会を開催

平成26年度 第2回品質管理監査委員会を開催 と き: 平成26年10月17日(金) 10:30〜16:00
ところ: 島根県生コンクリート工業組合 会議室
出席者: 品監委員長、 技術委員長、委員 7名、
      事務局 2名
議 事
 1.意見書の検討
 2.監査時に判定を保留した工場の判定
 3.優良表彰工場の検討
 4.前年度に合格証を交付した工場に
   対する査察の実施
 5.平成26年度「全国統一品質管理監査」
   結果の集計
 6.改善報告書の提出依頼
 7.平成26年度第2回島根県生コンクリート
   品質管理監査会議
 8.規程の改定について
 9.その他
について審議した。

平成26年度 第1回島根県生コンクリート品質管理監査会議を開催

平成26年度 第1回島根県生コンクリート品質管理監査会議を開催 と き: 平成26年5月16日(金) 15:00〜16:40
ところ: サンラポーむらくも
出席者: 議長、副議長、特別委員5名、委員7名、
      事務局3名
議 事
 1.中国地区品質管理監査会議連絡協議会の報告
 2.平成26年度 全国統一品質管理監査説明会の
   報告
 3.平成26年度 監査統括責任者、副監査統括
   責任者及び監査員の選任並びに委嘱
 4.優良工場表彰基準の改定について
 5.平成26年度 全国統一品質管理監査の実施に
   ついて
 6.その他
について審議した。

平成26年度 第1回品質管理監査委員会を開催

平成26年度 第1回品質管理監査委員会を開催 と き: 平成26年4月22日(火) 10:30〜
ところ: 島根県生コンクリート工業組合 会議室
出席者: 委員長 外7名、事務局 2名
議 事
 1.平成26年度委員会等の体制 
 2.中国地区品質管理監査会議連絡協議会の報告
 3.平成26年度全国統一品質管理監査説明会の報告
 4.優良工場表彰基準の改定
 5.平成26年度全国統一品質管理監査の実施
 6.その他
について審議した。
 

 

 

 

 

Copyright © Shimane Ready-Mixed Concrete Industrial Association. All Rights Reserved.